マンション修繕積立金は何に使われている?管理費との違いは?

分譲マンションに入居してみて初めて知った、修繕積み立て金と管理費

専有部分の面積とは

何を持って得するか、また、どのような状態になった時に損をしたと感じるかは人、それぞれです。
その時の価値基準にもよって違うのだろうけれど、これまでの社会通念からすると分譲マンションに暮らすというのは、いろいろ手続きが必要で、経済力がないと暮らせないということでもありますよね。
分譲マンションを担保に入れることも可能ですしね。
賃貸マンションだと、それほど面倒な書類とかはなくても入居できるというイメージでしょうか。ただ、保証人や緊急連絡先などは必要ですがね。社会というか世の中とは、安定した経済に対して信用という目に見えない価値を見出す傾向もありますから、社会通念の信用を得るには分譲マンションに居住している方が賃貸物件よりも信用度があり有利だということかもしれないですね。しかし、転勤が多い仕事だと分譲マンションでの暮らしが転勤のたびに売却するにも厄介となりますから、賃貸の方が身軽に引越しできるというものですね。

また、災害などで、倒壊してしまった場合の事を考えると賃貸物件だと、次の物件にすぐに引越しできますが、分譲マンションだと建て替えるのかどうかもマンションの住民の合意を取らないと話が進まないですから、いささか面倒なことが起こるかもしれないですね。その点、賃貸だとこれまでの契約を解除し、新しい物件に住めることも早くできそうですね。

どちらの方が、より自分の暮らしにフィットするのか、その基準はどの程度なのかも知っておくことが良いと私は思います。

TOPへ戻る