分譲マンションに入居してみて初めて知った、修繕積み立て金と管理費

分譲マンションの資産価値

固定資産を支払う優越感

年間にすると7万円〜15万円くらいでしょうか。手が届く価格の分場マンションの固定資産税の額。固定資産税は一戸建て住宅にも課税されますね。
親元で、自宅の敷地が駐車場にして家賃を支払うことをしていなかった私が親元を離れ自分で賃貸住宅に居住している際に家賃と共益費に自動車の駐車場まで何もしなくても毎月ある一定の金額が支出していくことの大変さを経験したことを思い出しました。
そして老後に不安を覚え、高収入の時に老後を考え分譲マンションを購入したことがあります。
今となっては、よい経験をしたと思っております。内部も賃貸マンションと分譲マンションとは設備的にも違いますしね。分譲マンションは設備もよいものを揃えているから快適でした。

資産価値の下落防止

分譲マンションを購入する際も売却する際にも基準となる価格がありますね。むやみやたらに価格をつけることは、できないのが実情ではないでしょうか。前後100万円から300万円ほどの差はあれど、そうそうバブル時代のように無茶な価格になっていないと思うのです。また、高額で売却できるよう、資産価値が下げない目的もあり色んな部分をメンテナンスをしたりする必要があるのも住民で組織する管理組合の役目でもあります。
外壁工事などもその一部でしょう。そして、管理人さんに居住してもらうのか、それとも通勤で日中のみ管理人としての職を行ってもらうのかなども管理組合が決める事でしょうが、大体は、新築工事をした業者に関係する管理組合の運営方法などが継承されていく事が通例ではないでしょうか。


この記事をシェアする
TOPへ戻る